過敏反応


肌が過敏な反応を起してしまう人が、増えているようです。かゆみ、ひりつき、赤み、かぶれやツッパリ感などの肌の不快な症状を訴える人が多いのです。しかし、その原因を限定するのが難しく、アダルトニキビの原因と同じような複合的なものからということが多いようです。新しい化粧品を試してひりつきを感じた場合、もしかしたら化粧品の成分にアレルギーがあることもありますし、体調が悪く肌の免疫機能が落ちているかもしれないし、などどいった具合です。

アレルギーについては、だに、カビ、ハウスダスト、花粉などいろいろなものがあるのですが、何をアレルゲンとして反応しているかは、パッチテスト、血液検査などで突き止められますので、突き止めたら、それを避ければいいでしょう。
アトピー性皮膚炎などがある場合は、体質的にアレルギーを起こしやすいですし、角質のバリヤー機能も弱いので、乾燥しがちな肌を持っています。角質バリヤーの機能を高めるケアをしながら、生活習慣も規則正しく行うのが大切です。
刺激に過敏な肌は、ちょっとした刺激や、化粧品の中の成分に違和感をすぐに感じてしまうので、保湿ケアを徹底的に行いましょう。バリアー機能が高くなり、予防につながります。
脂漏性湿疹やニキビを起こしやすい脂漏性敏感肌の人は、生理の前などにトラブルが起こることが多いようです。その時期は、皮脂分泌が多くなり、かぶれたり、肌の調子が悪くなったり、いつもより敏感になったりします。皮脂のケアと保湿をしっかりしないといけませんが、皮膚科に相談してみるのもいいかもしれません。