無宗教だとお葬式をしてはいけないって本当?


一般的に日本人は仏教を信仰している人が多く、
また人生最後のイベントであるお葬式も仏式葬儀、または神式葬儀が多いです。

しかし、時代の流れとともに宗教行事をごちゃごちゃにして
無宗教だという人が多いのも現状です。よく「うちは無宗教だから~」という人がいますが
先祖などの歴史をたどれば何らかの宗派に辿り着くようにはなっているのです。

不思議なことに日本人の多くは、結婚式はチャペル(教会)で。葬式は仏式葬儀でと。
どちらも宗教に関することをやっています。それでも、無宗教だと言いはる人がいます。
無宗教は、葬式をやってはいけないというウワサがありますが、本当なのでしょうか。

答えとしては、無宗教で葬式をしてはいけない、墓を作ってはいけないというものは
ありません。なぜなら、無宗教ですからその必要はなく。自由性が高いのです。

無宗教の利点として一番いいのが「無宗教葬」です。従来の形式にとらわれることなく
故人が望んだ自由な形式でお葬式やお別れ会をすることができます。
最近では、無宗教葬をしっかり手伝ってくれる葬儀社も多いです。

そして、お墓も霊園などの公園墓地に眠ることもできます。
無宗教の人はある意味では自由なのかもしれませんね。