最近、毛穴の黒ずみが気になってきた


最近、毛穴の黒ずみが気になってきた

20代中頃から30代に入ってから、毛穴の黒ずみが目立ってきました。特に小鼻の黒ずみがとっても気になります。しかも触るとザラザラ、ゴワゴワして触り心地も悪いですね。
実は高校生の頃、ビオレの毛穴パックが学校で流行ったこともあって、私も流行の乗って週1ぐらいはパックしておりました。あの角栓がゴソっと取れる感覚がとっても快感で、ハマリました(笑)。しかも、パックした後は触り心地もすべすべとして気持ち良いのです。

その鼻パックは20代に入ってからも習慣的に続けてきました。ところが、美容マニア?な友人から、あまり角栓取り過ぎるとすぐに毛穴が詰まりやすくなって、結果的に毛穴が目立つよ、と指摘されました。指摘されても、あのスッキリ感を味わいたくてしばらく鼻パックを続けました。

でも、20代の半ばともなれば、お肌の曲がり角なんですね。鏡を見ていたら、ふと小鼻が黒ずみが目立ってきた様な。しかも触り心地もゴワゴワと、肌が固い気がしました。
あれだけ指摘した友人の言葉の意味がよくわかりました。これじゃヤバい!と思って、これまで鼻パックの使用を止めました。あのスッキリの快感を味わえないと思うと寂しい気もしましたが、ピタリと止めて、かといって何もしないのも黒ずみが消えるわけじゃないと思い、色々調べました。

そして、丁寧な洗顔をしようと思いました。洗顔フォームも安価な物じゃなくて、毛穴まで綺麗に洗う効果の物を選びました。
口コミ等を見てとりあえず、ルナソルの洗顔料を使用しました。モチモチとした泡で洗っただけなのに、パックしたかの様に、小鼻のゴワゴワが無くなりました。なので続けてみようと思います。

間違った毛穴ケア!冷水で引き締めも蒸しタオルで温めも無意味!? | 小鼻の黒ずみなんとかしたい!イチゴ鼻改善にはこれ

毛穴ケアはいくつか間違った方法が広まっています。
その中で多くの方が実践していると思われるものに、
冷水と蒸しタオルなどを使った毛穴ケアです。
冷水は毛穴の引き締めに、蒸しタオルは毛穴を開かせるということで
効果がありそうですが、使い方を間違えると逆効果になってしまいます。

例えば、洗顔後の開いている毛穴を引き締めるために冷水洗顔をした場合、
肌が冷えすぎて機能をしなかったり、化粧水前の冷水洗顔では、
化粧水の成分がバに行き渡らないとされています。

気分的には、引き締まったような気がしますが、単に顔の体温が下がっただけで、
毛穴には何の効果もありません・
毛穴を引き締めるには、何よりも保湿が必要なのです。
それには、顔の体温を下げることではないということです。

蒸しタオルに関しては、毛穴を開かせると言うよりは、
角質を柔らかくすることであり、毛穴に直接の効果はないとされています。
ですから、蒸しタオルは洗顔前に行うのがベスト。

この時には、毛穴が開いているわ、ではなく、
毛穴周辺の角質が柔らかくなって落ちやすくなっていると思ってください。
ただし、この蒸しタオルは、使い方によっては、乾燥肌を呼び込みます。

熱ければ熱いほど、肌が乾燥してしまうので、使わないほうがベストと言えます。test

特に年齢肌を感じた場合は、蒸しタオルだけでもシワを
作ってしまうことになりますから、気をつけてください。

冷水と蒸しタオルの毛穴ケアについては、
その目的や効果を認識しつつ、使うことをおすすめします。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です